ホーム > タグ > 梅雨

梅雨

アメニティードーム再考

まだ梅雨は明けていませんが晴れ間を見つけて、
キャンプを敢行してきました。
キャンプ場は、ホームゲレンデの”四万十ひろばキャンプ場”です。
今日は、久しぶりにアメニティードームを設営しました。
ついでに、6月17日の方法でタープも立ててみました。
これが、思いの外よくマッチしてましたので、大満足でした。

1日目(H29.07.15 土)


設営完了。
ちょっと、喉を潤します。


今回は、15時過ぎにに入場しましたので、コットの組み立てまでを含めたテント・タープの設営完了が16:30を過ぎてました。
設営開始から約1時間くらいかかってますので、ツールームの大型幕とあまり時間的には変わらなかったです。
ただ、アメニティードームの設営は簡単でお気楽でした。
幕体は軽いし、ポールは細いしで、力を使うところがほとんどありません。
「こんなに簡単だったかな?」というのが正直な感想でした。


さて、炭に火を移して夕食の始まり。
今回もお手軽に、出来合いの焼き鳥です。


焼き鳥にしたのは、妻の発案です。
某キャンプ動画に頻出し、前から気になってた"男梅サワー"。
知人に頂いたので、このキャンプでぜひ味わおうということとなり、妻と一緒に乾杯しました。
予想以上に、美味しかったです。
この暑さの中だから特に美味しかったのかもしれませんが、かなりオススメです。


食事が終わった時間、19:18現在、気温27℃、湿度88%でした。
まだまだ、暑いです。


さて、焚き火台に薪を投入しました。
炭から火が移り、いい感じで燃えはじめました。


陽が落ちると、一気に気温は下がり、26.5℃。
先ほどから30分程度で、湿度はうなぎ登りの94%となっていました。


しばし、まったりと・・・。
この後は、シャワーを浴びて、歯を磨いてテントに入りました。
テント内は、21:22で、27.2℃、87%でした。
では、おやすみなさい。

2日目(H29.07.16 日)


おはようございます。
いつもの様に鳥の鳴き声で、目覚めました。
今日も、この辺りの鳥たちと行動を共にします。


テント内から、前室の様子です。
今回は、テント内は全てメッシュにして寝ました。
朝方、少し寒くなりましたが、コットにタオルケットのみで十分でした。


このキャンプ場の朝はいつも濃い霧に包まれます。


顔も洗いました。
では、朝食の準備に取り掛かります。


今朝は、海軍カレーコロッケバーガー、サラダ、珈琲はコンゴ・キヴです。


7:16に、最低気温、23.2℃を記録しました。


山から陽が昇りました。
今回は、テントをメッシュにして開放していましたので、外気との気温差があまりなかったようで、
テントもフライも結露がほとんどなかったので、撤収は楽そうです。


9:53、本格的に太陽が登ると気温は一気に31.5℃。
湿度は、61%まで下がりました。
今は、グランドシートを乾燥させてます。
タープはそのままなので、しばらくタープ下で休憩します。


ゆっくり休んで、11:13に撤収完了です。


いわき食堂で、四万十ぶっかけうどんを食べて帰路につきました。
青のりうどんが、爽やかな風味で美味しかったです。

今回のテントは、トルテュではなく、アメニティードームでした。
この季節は暑くて大変かなと思いましたが、予想外に快適でした。
テントも扱いやすく、改めていいテントだと思います。
これからは、状況に応じて上手に使い分けをしていこうと思います。
また、エルフィールドシールドヘキサタープとの連携もいい感じでした。
このタープは、トルテュとの親和性もいいので、我が家のキャンプギアの中では一番活躍しています。
さて、次はもっと標高の高い涼しいキャンプ場で、テントが張れたらいいなと目論んでます。

足裏マッサージ



梅雨空で、外出するのも億劫なので、
家で、ゴロゴロしてます。
先ほど洗濯バサミで遊んでいて偶然発見しました。
これ、かなり気持ちイイです。

Schneider Xenar



前回のエントリーで書いてた「あるもの」です。
さっき撮影を済ませて、只今現像待ちです。
今日の夜には上がる予定です。
クセナーの写りはどんなでしょうか?

全文を読む

梅雨らしさ

梅雨入りしてしばらくは晴れた日が続きましたが
最近になって、ようやく雨が降りはじめました。
降りはじめたと言うよりは降りすぎやったりします。

全文を読む

田植え

先日の田んぼです。
雨の中、田植えをしていらっしゃいます。
大変、ご苦労様です。

雨上がり

近所の田んぼに水が張られました。
いよいよ夏です。
その前に梅雨があったりしますが・・・。

Home > タグ > 梅雨

feeds

Return to page top