ホーム > タグ >

R.I.P

昨日のジロ(Giro d’Italia 2011 第3ステージ)で、
不幸な事故により逝去された、
ワウテル・ウェイラント選手(ベルギー、レオパードトレック)、
心よりご冥福をお祈りいたします。
それから、彼のご家族にたいして哀悼の意を表します。

今年の12月26日

今年は、2004年と同じ日曜日でした。
慌ただしい年末です。
今日のこの地は、猛烈な寒波の影響もあり荒れました。
柏島はどうだったのだろう。
後浜の様子はどうでしたか。
穏やかでしたか?

心の石-12月26日

早いもので今年も12月26日となった。
平成16年、西暦では2004年の今日。
やはり年末であわただしい5年前の事。

全文を読む

12月26日

“じゃあ、また”
彼との最後の会話。
とにかく楽しかった、マリンクラブフリッパーズ。

全文を読む

星 加


September 19 ’04 後浜にて撮影
12月26日は、
いまだに、それから、これからも決して忘れえぬ日
ちょうど2年前の今日、彼が他界した日
高知県大月町柏島、
後浜1号ブイの沖、
水深30mに近い、
一面が砂地の海底
その時、何を感じたか?
苦しかったか?
冷たかったか?
恐かったか?
お陽さま見えてても、暗かったやろう
辛かったか、楽になれたか?
俺らは、皆、、、寂しいんぞ。
ほんま、おまえの笑顔が好きやった
今でも、
「いいっすよ」
って星加の声が聞こえてる

愁 雲


October 03 ’04
叶崎、太平洋を望む
平成16年12月26日、24歳の若さで、彼は、
僕たちが話しかけることすらできない世界にいってしまった。
こんな事、誰が予想できただろう・・・。
全く信じられない。
平成13年、柏島での初めての大晦日。
「こんな楽しい事好きっす!!」上機嫌の彼。
泡盛をたっぷり楽しんだ彼は、トイレへの途中、下の道路に落下。
全身泥まみれになって、2階に運ばれ、眠りについた。
その後、閉じてるまぶたに瞳のペイントで、寝てるにもかかわらずバカボンパパの笑顔。
こんなハチャメチャな大晦日であったが、
翌H14年元旦は何もなかったように、いつもの笑顔で、仕事をこなした。
「使わないんだったらビアンキ、貸して下さい」って僕に言うから、
「柏島にようこそ」ってプレゼント。ボクがいるときは必ず使ってくれてた。
新しいポイント”別荘下”は「いつも濁ってて、まともにボートまで帰れん」って言えば、
ボクのログブックにマップを書いてくれた。
オークションで大量に落札してしまい、不要になった電池と、ダイレクトベースを交換してくれた。
スーツの肩が破れれば、即座に修理してくれた。
ボートに上がるとき、水中のボクからカメラを受け取って、
竹田さんのカメラ、今、フリッパーズのお客さんの中で一番重いっす・・・。
やはり笑顔で受け取ってくれた。
彼との想い出は、書ききれない
お別れの際、震えながらのお父様の声、
・・・息子が過ごしてきた様子を、昨晩、友人の皆様から聞かせて頂きました。
   同年代の頃の私より、はるかに素晴らしい人生を歩んでいたようでした・・・
・・・海の中で発見されたにも関わらず、あんなに安らかな顔をしています・・・
・・・息子の顔は、まるで寝ているようだ、皆さん早く起こしてやってください・・・
・・・それから、皆さんの心の中で、いつまでも成長させてやってください・・・
やはり実感のない、やりきれない声であった。
最後に彼と会ったのは平成16年12月19日夜、
美味しそうに万長ラーメンを食べながら、笑っていた。
「じゃっ、またぁっ」
帰り際に交わした、これが最後の言葉だった。
次にフリッパーズに行ったとき、
「ああぁっ、お久しぶりっすっ」
って、笑顔で迎えてくれる彼がいるような気がする。
今でも、ニコニコしながらの、
「いいっすよ~」
の声が、聞こえる
12月30日 竹田


February 27 ’04
山里に咲く初春の菜の花達
忘れてしまいたいことや
どうしようもない寂しさに
包まれたときに男は
酒を飲むのでしょう
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう
忘れてしまいたいことや
どうしようもない悲しさに
包まれたときに女は
泪みせるのでしょう
泣いて泣いて ひとり泣いて
泣いて泣きつかれて 眠るまで泣いて
やがて女は静かに 眠るのでしょう
またひとつ女の方が 偉く思えてきた
またひとつ男のずるさが 見えてきた
俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ
今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ
俺は男 泪はみせられないもの
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう
酒と泪と男と女 (1976)  作詞、作曲/河島英五
———————————————

平成16年7月6日 彼は遠いところにいきました

———————————————
蝉声 竹田

存 在


Jun 22 ’02 Issai
一切の展望所から望む夕景
さくらんぼ色はだんだん沈み
上天に
金隈取の
雲一点
存在を超えた無限なもの
存在に還へる無限なもの
     「富士山」(『草野心平詩全景』1973年、筑摩書房)
      作品第拾捌より抜粋
———————————————

平成15年6月9日18時10分 父が72歳の生涯に静かに幕を引きました

———————————————
初夏 竹田

Home > タグ >

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top