Home > アーカイブ > 2007-02

2007-02

季節のものは身体に優しいです

先週末(2/23金)より体調をくずし、週末から日曜日にかけて寝たきりの生活を送ってました。
原因は不明ですが、ストレスと疲れによる風邪やろうと思います。
38度を超える発熱が持続し、「もう死ぬのではなかろうか」と超弱気な状態でした。
その間、食欲は全くなく、当然ごはんの味も全く判らないまま、
ただ咀嚼するのみの食餌行動でした(辛かった~)。
現在は、発熱こそないものの、身体の怠さは相変わらずで、食欲もほとんどありません。
と言うより、空腹感がないと言った方がより現状に近いです。
そんな折、お隣さんから沢山の「苺」を頂きました。
こんな僕の状態を知ってか知らずか、真偽のほどは定かではないのですが、
ありがたい事です。


先ほど頂きましたが、よく冷えた食後の「苺」は美味しかった。
甘さとすっぱさの絶妙なバランスが堪りません。
また適度に弾力のある歯触りは、この上ないものでした。
こんなに「苺」を美味しいと思ったことはありませんでした。
ようやく食べ物を食べて美味しいと思うことが出来るようになりました。
早く、回復して食欲の回復を願いたいものです。

Mail Fetcherに思う世の趨勢

Gmailにおいて、外部POPメールの確認機能(Mail Fetcher)が追加された事は
アナウンスされて久しいのですが、全てのユーザが対象ではありませんでした。
この機能を心待ちにしていましたから、当然僕もこの恩恵に預りたいと
設定画面を(毎日とは言わないまでも)確認してました。
ようやく、僕のアカウントでも可能となりました。
プロバイダから付与されているメールアドレスは、
特定の用途でしか使用していませんが、わざわざメーラ(電信八号)を立ち上げて、
確認するのもナンですし、LiveDoorのメールサービスを利用して
確認したりしてましたが、これもイマイチでした。
今日からは、Gmailを中心に僕のメール環境が統合された事になります。
spica.freemail.ne.jpのアカウントも先月末で終了しましたし、
おそらくですがもう、「電信八号」を起動することはないでしょう。
インターネットの利用を始めて以来「電信八号」は非常に重要なソフトでしたが、
時代の流れは変わるものです。
当時ネット上にメールを保存しようなどと、誰が考えたでしょうね。
常時接続が当り前などとは、もうずいぶん前の話。
今は、職場でも自宅でもウェブアプリをどう上手に使うかが重要になったようです・・・。

旧ソ連、LOMO社のカメラ

先日、「スメナ8M」という旧ソ連製のカメラをオークションで落札しました。
必要な部品が欠品しているということで、ジャンク扱いでしたが、
その部品の調達が可能であれば、撮影動作に支障はないということでした。
このカメラは、旧ソ連のLOMO社のもので、現在は当然生産されていません。
35mmフィルム(いわゆる135版)を使用し、欠品している部品とはフィルム巻き取りのスプールでした。
なぜそんな物がなくなるかというと、ダブルマガジン方式でも使用可能で、
巻き取り用のスプールが脱着式となっており、紛失されている事が多いのだそうです。
この程度の事であれは、僕でもなんとかなると判断し落札しました。
っで、現品が届いたので早速試写です。

全文を読む

記念ワイン

妻の誕生日を記念して、2000年のボルドーを買いました。
サン ジュリアンの「シャトー レオヴィル ラス カーズ」のセカンドで
「クロ デュ マルキ」です。
デパートで買ったという事を差し引いても、
今まで呑んだことのあるワインの中で一番高価な一本です。
妻のためのワインではありますが、僕の方が楽しみやったりします。

降雪

雪が降りました。
それほど寒くは感じませんでした。

Home > アーカイブ > 2007-02

feeds

Return to page top