Home > ブッシュクラフト | ほんとだすらい > 海鮮丼は、春の息吹を感じながら

海鮮丼は、春の息吹を感じながら

2016-03-05 10.40.57_Canon IXY 31S
いつもの秘密の場所に来ました。
なんて言う木なのか、わかりませんが、花は桜みたいです。

2016-03-05 10.39.37_Canon IXY 31S
気温は20℃を示し、ここは完全に「春」です。

2016-03-05 12.52.15_Canon IXY 31S
ひとしきり遊んで、昼食の準備に取り掛かります。
ソロストーブタイタンに、火を入れました。

2016-03-05 12.55.38_Canon IXY 31S
いよいよ炊爨を開始します。
お米は、遊び始める前の10:20に洗米していました。
ということで、2時間くらい水に浸していたことになりますね。

2016-03-05 12.55.51_Canon IXY 31S
ソロストーブは、もう少しで本格的な2次燃焼が始まります。
まだ、少し大人しい段階。

2016-03-05 12.56.35_Canon IXY 31S
本日のラインナップ。

2016-03-05 13.02.08_Canon IXY 31S
沸騰が始まりました。
クッカーを火にかけて7分ほどかかりました。
いつもは4分程度なのですが、今日は風が強かったので少し時間が掛かったようです。

2016-03-05 13.08.29_Canon IXY 31S
ご飯のいい香りが漂いはじめ、音もグツグツからパチパチに変わりましたので、炊き上がりです。
少しの間、蒸らします。

2016-03-05 13.16.22_Canon IXY 31S
次は、お湯を沸かします。

2016-03-05 13.13.28_Canon IXY 31S
お湯は、フリーズドライの赤だし用です。
四角い白いのはチーズではなく、豆腐です。

2016-03-05 13.17.00_Canon IXY 31S
火から下ろして15分が経ちましたので、「蒸らし」を終了。
ふっくらと炊けています。
カニの穴もバッチリあります。

2016-03-05 13.17.35_Canon IXY 31S
メスティンによそいます。
メスティンは本来、飯盒なので炊爨もできるのですが、ソロストーブでの炊爨の場合、煤がつくので専ら食器として活用しています。アルコールストープやガスストーブの場合は、メスティンで直接炊きます。
その方が、洗い物の数も減りますしね。

2016-03-05 13.19.47_Canon IXY 31S
さて、タレを少々。

2016-03-05 13.20.55_Canon IXY 31S
ファーストリーダーのサーモンを乗せます。

2016-03-05 13.21.23_Canon IXY 31S
次はセカンドリーダーのイクラちゃんです、、バブー。

2016-03-05 13.21.39_Canon IXY 31S
更に、タレをかけて・・・。

2016-03-05 13.21.47_Canon IXY 31S
仕込んでいた刻みネギと、、、

2016-03-05 13.22.13_Canon IXY 31S
海苔を散らして、、、

2016-03-05 13.22.24_Canon IXY 31S
クローズアップしてみたりしてみる。

2016-03-05 13.24.23_Canon IXY 31S
こんな感じになりました。

2016-03-05 13.24.44_Canon IXY 31S
今日の昼食は、サーモンとイクラの「お手軽海鮮丼(赤だし付き)」です。

めっきり春めいてきて、アウトドアで頂く海の幸も格別。
ごちそうさまでした。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > ブッシュクラフト | ほんとだすらい > 海鮮丼は、春の息吹を感じながら

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top