Home > アーカイブ > 2015-12

2015-12

大晦日

IMG_473250630.JPG

もうまもなくすると、今年が終わります。
色々お世話になりました。
では、また来年。

炭火の扱い方を更に探求しています

今日は、前回うまくいかなかった炭火の使い方についてのリベンジです。

2015-12-30 12.14.34_Canon IXY 31S
まずは、炭に素早く火を着ける事を目標にします。
火消し壷には、前回使った残りの炭があります。
前回と言っても、このブログの12/26のエントリーのことではなく、ここに発表はしていませんが、もう1回炭火での調理などを行っています。結果は惨敗でした。この事を踏まえての今日の挑戦となっています。

2015-12-30 12.19.22_Canon IXY 31S
焚付けを効率良く組み上げました。
杉の葉にまずは火をつけます。
今日は、ファイヤースターターではなくライターでした。

全文を読む

とうとうBBQになってしまった

「いつもの場所」に来てます。
今日は、ウッドガスストーブを使った直火ではなく、
バーベキュー台を使った炭火による調理を試してみます。

2015-12-26 13.41.37_Canon IXY 31S
まずは、炊爨です。これはいつも通り。

2015-12-26 12.29.50_Canon IXY 31S
ちなみに今日の正午過ぎの気温は、12℃でした。

全文を読む

憧れだった、冬のウインナー祭り

今日も、ソロストーブタイタンでお昼ご飯の炊爨と調理です。

2015-12-20 12.09.24_Canon IXY 31S
小枝が燃料なので、タダでランチを作ります。
現代の世の中で、本当にタダなものはないのですが、
そういう難しいことは、今は考えないこととしてください。
とにかく、そこらに落ちている小枝が燃料です。

2015-12-20 12.20.48_Canon IXY 31S
それから今日は、最初の着火をライターではなく、ファイヤースチール(火打石のようなもの)で行いました。
かなり苦労しましたが、なんとか火がつきました。
すごいコツがいりますが、次までに忘れないようにしないといけません。
コツは、火口となるものに対して火花を効率よく振りかけることです。
言葉では表現できませんが、とにかくそういうことです。

全文を読む

焼きマシュマロクッキーサンドって何?

今日も炊爨しました。

2015-12-19 12.42.57_Canon IXY 31S
久しぶりにというか、2回目の登場のソロストーブタイタンです。
クッカーは、いつもの洗剤塗布の煤対策済みアルパインクッカーです。

2015-12-19 12.46.47_Canon IXY 31S
現在の気温は、12℃のようです。

全文を読む

今日も楽しく薪割り

今日も薪割りをしました。
もちろん、ウッドガスストーブで利用するためです。

2015-12-12 11.52.04_Canon IXY 31S
これは、先日枝打ちした柳の木。

2015-12-12 12.07.11_Canon IXY 31S
こちらは十分に乾燥している木です。
木と言ってますが、元は雑草だったりしますが、こんなに成長してしまいました。
ウッドガスストーブの薪には十分だったりします。

全文を読む

自作アルコールストーブで炊爨してみた

今日は、ネットに散見する情報を元に先日作製した、自作アルコールストーブを持参してみました。

2015-12-08 12.42.09_Canon IXY 31S
五徳は未製作なので、贅沢に4つの煉瓦で風防兼五徳としました。

全文を読む

ウッドガスストーブでBBQに挑戦

今日も、某所に来ています。
タイトル通り、ウッドガスストーブを使ってバーベキューをするのが目的です。

2015-12-06 13.48.58_Canon IXY 31S
まずは薪割りと、火の元の設営です。

2015-12-06 13.49.24_Canon IXY 31S
薪は、こんな感じで作ります。
鉈はゴツすぎますが・・・、薪は”おままごと”のようですね。
薪を割っている時間が楽しくて仕方ありません。もっともっと沢山作りたいです。
黙々と作業を進めている時は、日頃の雑念など全て忘れて没頭できますから。
今日は、この中で炊爨用に、一握り分くらいしか使いませんでした。

全文を読む

今年も酒槽一番汲みを入手

2015-12-05 16.32.35

今年も蔵出しの新酒を手に入れました。
無手無冠の「酒槽一番汲み」です。
今の時期だけ、酒造からほんの少し出荷される酒です。
非常に濃厚で、華やかな香りのある無濾過生原酒は、
アルコール度数が20度を超えます。
少しだけ濁りがありますが、これが生きている酒の証拠。
日々、味が変化していきますがそれがまた楽しい。
どんな和食にも合う究極の食中酒だと思います。

Home > アーカイブ > 2015-12

feeds

Return to page top