Home > ほんとだすらい > 初鰹

初鰹

20130217195555.jpg

歯鰹のタタキと酔鯨の取り合わせは試した人しか分からない。
そんな、この季節だけの逸品なのだ。

今春の初物、初カツオのタタキ。
脂がよくのっていて、すごく旨味のある逸品。
鰹はカツオでも、
今が旬の歯鰹(ハガツオ)のタタキを、夕食に頂いた。

4〜5月に旬を迎える、いわゆる初カツオとは、厳密にいうと少々趣が異なるので、
初カツオと言ってもいいのかどうか微妙であるが、とにかく美味なのだ。
カツオのように赤くない身は、カツオのそれのように血なまぐささがなく、
口の中でとろりと溶けていく感覚は、味わった事のある人だけが感じる独特の食感。
しかし、しっかりとしたタタキの力強さと香ばしさは、
本家カツオのタタキよりも美味しいと感じるほどだ。
ただし、鮮度の落ちるのが早いようで(いわゆる”足が早い”)、ハガツオの流通は限られているらしい。
写真の通り、高知の地酒、純米吟醸酒「酔鯨(吟麗)」と合わせた。
最高に美味い高知の酒と高知の魚の取り合わせで、いくらでも酒が進む。
ハガツオは価格も手頃で、この時期の魚の中では一番、美味い。
この地域ならではの魚なのだ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > ほんとだすらい > 初鰹

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top