Home > ほんとだすらい > 名付け親

名付け親

学生時代に3部作をVTRで観て、面白いとは思ったけど、
なんで、アカデミー賞なのかと思った記憶がある。
なんとなく面白かったけど、
アカデミー賞受賞作は、難解だというのが当時の感想だった
映画 “The Godfather”の事だ。

ずいぶん前に、映画専門チャンネルで放映されてたものを何となく録画していた。
昨日の夕食と、今日の夕食時の2回に分けて、改めて第1作目を観たのだ。
妻は、初めてだったようだ。
マフィア映画と言う事もあり、「妻には少しキツいか」とも思ってたが、
視聴後の彼女は大絶賛だった。
「淡々と進むストーリー展開の中に、飽きる事なく引きつけられ続けた」
「こんな凄い映画は、今まで観た事がない」
とは彼女の弁。
初めて見た訳ではないが、不思議と、僕もそう感じた。
画面のアングル、色合い、台詞、全てにおいて斬新だと感じた。

恥ずかしい話だが、”godfather”には、マフィアの親分という隠語ではなく、
「名付け親」と言う意味があるというのは、この映画を見終えた今日、知った。
更に録ってあるPartII、PartIIIについても、初めてじゃないのだけれど、もの凄く楽しみだ。

参考画像

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > ほんとだすらい > 名付け親

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top