Home > コンピュータ > Ibus + Anthy は使えねぇ?

Ibus + Anthy は使えねぇ?

Fedora 11 を使っていて、
以前より劣化したと感じる環境が一つある。
日本人には特に重要な、日本語入力環境である。

IMが、”IBus”に変わってしまっているのだ。
変換エンジンがAnthyのままなのは良いのだが、Ibusは頂けない。
僕は、生粋の「かな」入力派なのだ。
どんなに設定してもシステムをログアウトすれば、ローマ字入力がデフォルトに戻っている。
それから、かな入力時に、長音(ー)が「ろ」になってしまう。
shiftキーを併用すれば入力は可能なのであるが、そんな事をする意味が不明。
webサイトには、問題修正を指南する諸兄がたくさんおられるが、僕は、IBusにこだわる必要は全くない。
と言うわけで、fedora 10のときまで採用されていた、SCIMに変更した。

# yum -y install scim-anthy scim-lang-japanese scim-bridge-gtk scim-tomoe

これで、慣れ親しんだ SCIM + Anthy で日本語入力しまくりなのだー。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > コンピュータ > Ibus + Anthy は使えねぇ?

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top