Home > ほんとだすらい > セミの鳴き声

セミの鳴き声

生前に父が作った屋外用燭台。
蝋燭に火を点し、右手に持つ線香の煙が風に揺れる。
アブラゼミの声を聞きながら、両親の墓前で手を合わせる。
頬は一筋の光り、眼前には青々とした緑の葉が光っている。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > ほんとだすらい > セミの鳴き声

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top