Home > 海水魚水槽 > 48日ぶりの換水

48日ぶりの換水

昨日、48日ぶりに水槽の海水を交換しました。
DSBというナチュラルシステムを採用した我が家の水槽は、
1ヶ月超というスパンでの換水であるにもかかわらず、
交換のために排水した18リットルの飼育水からは、
異臭はなく変色もほとんどみられませんでした。
さすがです。

ところが、
20080518154315_ciano.jpg
写真のように底砂の一部にシアノバクテリアと思しき
真っ赤な藻が再度繁殖してしまいました。
換水前は、その勢力が衰えてきていたので、このまま衰退してくれれば、と思ってましたが、
残念、1日経過した本日は、ものの見事に復活してしまいました。
取っても取っても繁殖するこいつらの生命力には悩まされます。
それから、ヨコエビについての発見が一点。
底砂にペアで巣穴を掘っていました。
砂粒を一つ一つ搬出している様は、まさにランドールズなどのテッポウエビとよく似てます。
ヨコエビの場合は、横になって移動するので、効率は非常に悪いのですが・・・。
20080516101515_yokoebi.jpg
そんなヨコエビが補食する瞬間も初めて観察できました。
自分の体長の1/10程の小さな節足動物(甲殻類?)に飛びつくようにして捕らえていました。
何を食べて増殖しているのか不思議でしたが、やはり肉食とでもいいましょうか、
生き物を食べているようでした。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > 海水魚水槽 > 48日ぶりの換水

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top