Home > アーカイブ > 2008-05

2008-05

打ち上げ



ピールをベースにしたカクテルを楽しみました。
カナディアンサンセットと呼ばれることもありますが、
一般にレッド・アイです。

全文を読む

おすすめの「映画」

劇場で最後に映画を見たのは、「2004年2月」だったと思う。
今から丸4年以上前の事になる。
その後、何度かTVドラマ関連の邦画のために足を運んだが、
残念ながらそれらは映画ではない。
若かった頃は、一人でよく足を運んだものである。
月に一度は、観ていたと思う。
近頃は、2時間を黙って過ごすことが苦痛になったとでも言うべきか、
とにかく劇場に行くことは年に1回か、2年に1回くらいなってしまった。
先日(といっても半年以上前だが)TVを見ていたら、
英語の音声で、日本語字幕のモノクロの映画が放映されていた。
二人の男が、コーヒーで満たされた5つのカップと、
いっぱいに散らかった灰皿が乗ったチェックのテーブルを介して対峙している。

全文を読む

焼きたてパンの顛末

昨夜、僕が中身を全部食べてしまった
焼きたてパンの顛末です。

全文を読む

焼きたてパンの美味さは異常



夕食後、キッチンに立ち込める芳しい香り。
そこには、焼きたてのパンが鎮座してました。。
あまりにも熱いので、
箸を使って中身を少しだけ頂きました。
最初はほんの一口のつもりが、
気がつけば、ご覧の状態に・・・。
夕食後であるにも関わらず、この美味さは異常。

全文を読む

48日ぶりの換水

昨日、48日ぶりに水槽の海水を交換しました。
DSBというナチュラルシステムを採用した我が家の水槽は、
1ヶ月超というスパンでの換水であるにもかかわらず、
交換のために排水した18リットルの飼育水からは、
異臭はなく変色もほとんどみられませんでした。
さすがです。

全文を読む

初夏の風は気持いい



天気のいい日曜日。
車に自転車を積んで、西予市に来ました。
自転車を降ろし、サイクリングを楽しんでます。
風に運ばれてくる草の香り、雲雀の鳴き声が心地いいです。
走行距離:18.5km

うっちん茶

20080516210952.JPG
沖縄県の大好きなお茶ベスト2が、

  1. さんぴん茶と、
  2. うっちん茶。

どちらも南国らしい爽やかなフレーバーが特徴。

全文を読む

ペーパーレス時代は、まだ来ない

昨日の事であるが、
Googleからメールが届いた。
正確には、”Google AdSense Support”からである。

全文を読む

子供の兄弟喧嘩は、聞けそうもない

自転車を購入して、いわゆるレシプロエンジンを動力源とした
自動車に全く興味が無くなってしまったわけだが、
世の中にはいろんな世界が存在するものである。
まさにパラレルワールドである(ちょっと違うか、、、)。
自転車の世界では、
サドルは一個2万円、ホイールに至っては一個10万円を超すのである、
改めて言うが、すべて自転車の部品である。。。
ダイビングの機材が、一般の消費財と比較して高価だと感じていたが、
自転車の世界も負けず劣らず健闘しているみたいで、
「ああ、ここも業界の思惑で価格の設定がなされている」
と少し嬉しく感じた。
どっぷりはまった人は、いささかの疑問も感じることなく2万円のサドルを
何個も買ってるはずである。
しかし、もっと興味深い世界が展開されていた。

全文を読む

MARGAUX



5月の連休、体調が完全ではないので、
自宅でのんびりです。
早朝は雨がふり、日中は止んだものの、曇天はかわらず、
今日は妻とレザークラフトを楽しみました。
それから、今夜は久しぶりに、ボルドーを抜きました。
1999のマルゴーです。
肉が焼き上がるのを待つあいだ、
カベルネソーヴィニオンの濃厚な香りが
あたり一面に漂っています。

全文を読む

フォールディングバイク



今回の体調不良の原因についていろいろ考えました。
その一つに、運動不足が考えられます。

全文を読む

CS

CS(Custmer Satisfaction:顧客満足度)という考え方が
世間に浸透して久しい。
仕事でも、プライベートでも非常に重要な要素である。
この”CS”は、購入するモノに限った事ではなく、
受ける(提供される)サービスにも当然当てはまること。
VE(Value Engineering)という考え方に基づきCSを表現してみると、

V=F/C

V(Value:価値)
F(Function:機能)
C(Cost:価格)
などという数式で表されたりしている。
つまり、、、、、
機能を価格で除することにより価値を表現している。
そしてCSは、Vに当然比例するという考え方である。

CS=αV
  ↓
CS=α(F/C)

となる。
今更ではあるが、このCSについて顧客としての視点で考えてみる。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2008-05

feeds

Return to page top