Home > アーカイブ > 2008-01

2008-01

初めてのMRI

今日、磁気共鳴画像を撮った。
待機状態の機械に入ると、
4ビートの心地よいリズムが奏でられており、安心感を醸し出している。
しかし、
実際の撮影ではヤヴァイ感じの大音量トランスミュージックをBGMに、
かなり狭い内部で、頭部を固定されているため、
人によっては拷問と感じるかもしれない。
僕は、撮影時に発せられる大音量のリズムミュージックが
妙に心地よく感じられて、眠気を催す程であった。
さて、その結果は、、、

全文を読む

日々の安全運行のために

航空機が空港へ着陸するために、
計器着陸装置(ILS:Instrument Landing System)を利用する方法がある。
進入方向、降下経路、滑走路までの距離の情報を電波を利用して地上から発信し、航空機がこれらを受信しながら正確に着陸進入を試みるわけだ。
特に、天候不良や夜間など目視による滑走路等の確認が不能の場合など、安全な航空機の運行には欠くことのできない装置である。
ただしこの方法で着陸進入を実施するためには、2名の操縦士が共にその資格を有していることが必要となる。
ちなみに、日本ではほとんどの空港に設置されている。

全文を読む

首が回らん

以前から、この症状を主訴に診療を受けているが、
決定的な病名が付かない。
主治医は、ストレスや運動不足やらと
不確かな原因を列挙するに終始し、治療をしてくれない。
確定診断がなされてない以上、何も言及できないのだが、
昨日から本当に「首が痛い」。
正確には、首の左側の後ろ付近の神経が痛い。
まるで歯痛が首から肩全体で発生しているような痛みと言えば、想像できるだろうか?
くしゃみが出そうでも、痛みが怖くてできない。
布団に入っても、寝返りがうてない。
首を30度傾けるだけでも「うっ」て声が無意識に出る程の痛さだ。
この痛みのおかけで、昨晩はほとんど睡眠をとることができなかった。
明日は、人に頼めない仕事があり、どうしても医療機関へは行けない。
起床して、少しでも活動している今は何とかなっているが、
この状態では車の運転すらできない。
ましてや、ビジネス相手と面談など・・・・。
どうなる? > 自分

ご当選者様各位



SUNTORY BEER ナンクロのプレゼントに当選しました。
昨年の12月に、妻と一緒にクイズに解答しました。
ご覧のように、6本のビール、発泡酒、その他のお酒が届きました。
サントリーさん、ありがとうございました。
いろんな味が一度に楽しめるは嬉しいです。

全文を読む

対岸の火事

「対岸の火事」という言葉がある。
辞書を引いてみると、

《向こう岸の火事は、自分に災いをもたらす心配のない意から》
自分には関係がなく、なんの苦痛もないこと。対岸の火災。
大辞泉より

となる。

全文を読む

CH.MOULIN A VENT



MOULIS(ムーリ)のワインは初めて頂きます。
メルローが60%、カベルネ・ソーヴィニヨンが40%弱というブレンドだそうです。

全文を読む

久しぶりにダイビングをした

20080112_kouwan_teguri.jpg

D50 105mm+MC7 f5.6 1/60 ISO1600
日付
2008/01/12

ロケーション
我が家

ポイント
玄関

気温
17度

最低水温
23度

潜水時間
55分

最大深度
48cm

平均水深
46.5cm

脳内での事である。
妙なタイトルを付けて申し訳ない。
騙すつもりはなかったのだが、本当にそう感じだのだ。

全文を読む

コウワンテグリ



DSB水槽を立ち上げて約3ヶ月が経ちます。
当初はこの水槽にはサカナを入れる予定はありませんでした。

全文を読む

初湯治

20080105_08touji.jpg

正月を迎えたこの時期は初詣や書き初めなど、
何をするにも、とかく「初」がつく。
(さすがに書き初めはしないが・・・)
今日は、今年最初の湯治の日であった。
そんな言葉があるかは不明であるが、
タイトルの通り「初湯治」である。

全文を読む

CH MEYNEY



日中は、歩いて初詣にでかけた。
近所の氏神さまと、ちょっと遠くだが参拝客が沢山集まる
このあたりでは有名な神社の2カ所を詣でた。
有名な神社でおみくじを引くと、「大吉」だった。
確立が高く設定されているとはいえ、嬉しいものだ。
今年は、”さいさき”がよろしい。

全文を読む

初、日の入り?



実家への年始の挨拶の帰り道での1枚。
天候が怪しく傾いたので、早めに帰路につきました。
来年の正月は、こんなことがないように、
母をこちらに招く事を考えよう。

Home > アーカイブ > 2008-01

feeds

Return to page top