Home > 海水魚水槽 > 最後の換水

最後の換水



換水を20リットル実施しました。4週間ぶりです。
この間は、1週間ごとに微量元素を添加してました。
さて今回はいつもの海岸ではなく、
新しく発見したポイントで海水を採取してみました。
今までの海岸と比べて、

1)車をすぐ近くに駐車できる事
2)長靴が不要(足場が安全)
3)辺りの環境をみると水も綺麗そう

と、いいことずくめです。
往復に要する時間は、ほぼ同じなのですが、
1点だけ不満があります。

それは、途中の道路が曲がりくねっている事。
ハンドル操作とスピード調節をかなり慎重に行わないと、トランクでポリタンクが踊りはじめます。
トランクでタンクが踊りすぎると、採取した海水が溢れて大惨事になってしまいます。
この点は、タンクの集積方法に工夫が必要のようです。
いずれにしても、暫くは新しいポイントで、海水を汲もうと思います。
写真は、換水直後のハマサンゴとイバラカンザシ。
今回は換水のついでに、水槽の壁面も清掃をしました。
そのせいで、水槽内に手を入れたりしましたので、ハマサンゴが少しナーバス気味です。
ポリプが半分くらい引っ込んでしまいました。
DSBの底砂は順調に熟成中です。
砂中に棲息するゴカイなどのベントス達がチラホラと表面からでも確認ができるようになりました。
水流の作り方も色々工夫しながら、様々な生物の変化を観察するのはDSBの醍醐味です。
タイトルの「最後…」の意味は、「今年最後」の意です。
12月24日にあやかって、「ラスト何とか」という外タレの曲にかかってる訳ではありません。

あっ、あれは「去年のクリスマス」でした。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > 海水魚水槽 > 最後の換水

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top