Home > アーカイブ > 2006-10

2006-10

ヨスジリュウキュウスズメダイ

水合わせ中のヨスジリュウキュウスズメダイ
昨日、2週間振りに換水を実施ました。
今回も天然海水を利用し、12リットル置換です。
それから、パワーヘッドも掃除しました。
パワーヘッドとは、水流を作るための水中ポンプです。
しばらく使っていると、海藻やゴミが絡み付いて、本来の性能が発揮されなくなります。
分解して、たっぷりたまったヘドロ状のゴミを除去すると、
本来の性能がよみがえり、水槽に力強い水流が戻って来ました。
まるで、洗濯機状態となってます(笑)
特にハナガタサンゴは、日中であるにもかかわらず、触手を全開にして、
その喜びを表現しています。
あの状態をみせつけられると、「水換えも掃除もしてよかった」と心から感じます。
さて写真は、「ヨスジリュウキュウスズメダイ」の幼魚です。
ペットショップから連れ帰って、水合わせの最中の図です。

全文を読む

3周年と300周年の節目

シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ、抜栓直後です
今月は、結婚3周年記念という節目の月でもあります。
妻は、豪華にステーキなんぞを買ってきてくれてました。
というわけで、僕は15時頃に、このワインの栓を抜きました。

CHATEAU MALESCOT ST.-EXUPERY 1997

というボルドーの赤です。
マルゴー地方のワインは妻共々、大好きで、
このヴィンテージは300周年記念ラベルでもあります。
我が家の3周年と100倍の差がありますが、
そんな縁起にあやかって、この1本としました。
もう少ししたら、お肉も焼けると思います。
どちらも、すごく楽しみです。

全文を読む

これはナニ?



ハナガタサンゴの「ミドリちゃん」の口から、
得体のしれない、茶色い紐状の物体が出てきました。
水流にもまれてユラユラしてます。
これは、一体何なんでしょうか?

コート ド カスティヨン

今夜の夕食で、赤ワインを頂きました。
我が家には、分不相応ながら、ワインセラーなるものがあります。
12本常駐させる事ができるもので、テレビの懸賞で当選した
赤ワインのために購入しました。
今では、常に6〜7本の赤ワインがその抜栓の時を待ってます。
それはさておき、今夜の夕食が焼肉に決まり、
急きょソムリエの真似事をしてしまいました。
僕が選んだ一本は、
“CLOS LES LUNELLES”(クロ レ ルネル)
というボルドーの赤でした。
お肉の種類と、今日の日の意味を加味して選んだのですが、
詳細は、割愛致しますので、悪しからず。
さて、ヴィンテージは、2000です。
ボルドーでは、 かなりの当たり年として有名な2000年です。
抜栓した瞬間に感じられる濃厚で、豊かな果実の香りが、期待感を煽ります。
僕の筆では到底表現できないほどの、まさに筆舌に尽くしがたい旨さでした。
「コート ド カスティヨン」侮れません。
詳細は不明ですが、メルローがかなりの割合を占めているのではないかと思います。
焼肉との相性もばっちりでしたし、ボルドー愛好家には、是非ともお勧め一本でした。

NO3−大量に!

前回から7日経過後の換水です。
10月8〜9日と2日間連続、15リットルずつ交換して、
少し茶苔が発生しましたが、翌日には収まりました。
今更言うのも何なのですが、水槽はバランスが微妙です。
ちなみに今日も15リットルの天然海水と入れ換えました。
換水前は、久しぶりに試薬で水質を計測してみました。
水槽立ち上げの時は、さすがにマメに測ってましたが、
最近は、ニオイが爽やかな磯の香りか、そうでないかで、判断してました。
臭く感じるほど、水が汚れては、中の生き物はたまりませんね。
今回の、僕の鼻センサーは、爽やかな磯の香りがしてました。
さて、試薬での結果は・・・、

全文を読む

cannaで「かな入力」の設定

最初に触った日本語ワープロが、ジャストシステム社の「一太郎」でしたので、
指が、当然のように、「ATOK」のキーアサインでしか動きません。
そういう訳て゛、Windows環境での日本語入力(IME)はATOKを使っていますので、
こちら(X11)の環境でもATOKの使用を切に願ってやみません。
ところが、ATOKのFreeBSD版は残念ながら発表されてませんし、
もちろん購入する余裕もありませんので、
本物のATOKの使用は断念せざるを得ないのが実情です。
幸い、cannaには、ATOK風キーアサインのサンプル設定ファイルが
あらかじめ用意されていたはずなので、まずは、それをさがしましす。

> find / -name “just.canna” -print

当然ですが、無事に発見できます。

/usr/local/share/canna/sample/just.canna

っで、その設定ファイルを.cannaにリネームして
自分のディレクトリにコピーするだけで、

>cp /usr/local/share/canna/sample/just.canna ~/.canna

キーアサインの変更はひとまず終了です。
まあ、若干の問題があるのは、後述のとおりですが・・・。

全文を読む

今日も15リットル

昨日に続き、今日も換水しました。
仕事の都合や来客が続き、
水槽の世話が1ヶ月以上出来ていなかっので、
飼育水のコンディションが良くなかったためです。
昨日と今日で計30リットルの天然海水と交換です。
サイフォンの原理を利用して水槽内の水をバケツに
汲み出すのですが、
昨日は、悪臭はそれほどありませんでしたが
色は、明らかに黄色く、更に粘り気まで感じとれました。
今日は、臭いや色は一見、新鮮な状態のようでした。
昨日と今日の換水で、総水量の57%が新鮮な海水に
置換されてましたので、バクテリア等の濾過システムに
影響がでてるのは間違いありません。
しばらくは静観することとします。


本当は、すぐにでも「ナメラヤッコ」とか入れたいのですが・・・。

15リットル

標記の通り、15リットルの換水を実施です。
最近、水槽のグレードアップを計画してます。
設置場所が問題として残ってます。


しかし、この緑色のトロロ藻(?)は何とかならないでしょうか?
ここまで、繁殖すると水流にユラユラとして綺麗でもあるのですが・・・。

優しい時間

トイレに時計がある事は珍しいことではなく、普通です。
わが家のトイレにもあるのですが、これが手のかかる奴です。
まず、置き時計ではなくて、腕時計です。
これは設置スペースが狭くて、物理的に小さな匡体を選択した結果で、あまり意味はありません。
この腕時計は以前韓国で入手したもので、人様の目に触れる「表」では
腕にはめることができないタイプの物です。
その事情はお察し頂くとして、なぜこんな物を???と自分に問いたいです。
魔が刺したということでしょうか。
それから、この時計は手巻きだったりしますので、毎日ギコギコ竜頭を巻く必要があります。
日常のバッチ処理としていますので、最近は苦労なくこなしています。
通常勤務の日は、毎朝、巻き上げています。
(やましい理由ではなく仕事の都合で)帰宅しない日の翌日などはやはり止まっています。
そんな時は妻に巻き上げをお願いしようかとも考えましたが、
この時計は(韓国製の粗悪な偽ブ●ラ●ドクヲリティーですので)竜頭の操作に微妙なコツを要求します。
当然、妻にそれをお願いするのは無理な相談です。
今朝、少し寝坊をしてしまい、目覚めのトイレでは時刻を確認できませんでした。
針が指し示していたのは
7時17分10秒前
おそらく今朝のこの時刻に止まったのでしょう。
今日は休日、あまり時間に縛られる必要もないし、
そういう意味でこの時計は人に優しい機械です。
人は、時には、解放される時間が必要なのです。

地検が捜索の末に発見したものは?

今日の愛媛新聞朝刊の一面の記事を一目見て、


某県庁を捜索した東京地検が発見したものは、
「パンダの赤ちゃんのぬいぐるみ」!!!
パンダの縫いぐるみの中に何か隠してたのか?
何かのキャンペーンで使用した9つのパンダに
何かを縫い込んで証拠の隠蔽を企んでいたのか?
このチビパンダ達は重要な証拠物件のため、
息がかからないように、帽子とマスクを着用した専門の女性職員が…ん?
かと勘違いしそうな紙面構成でした。
びっくりしました。
「・・・県庁を捜索」と「赤ちゃんパンダの写真」は全く別の記事でした。
この写真は、四川省のパンダ繁殖育成研究基地で生まれた9頭のパンダが
一般公開され、餌の準備をしている光景でした。
双子の姉妹の母パンダが、相次いで双子の子パンダを出産したみたいで
その後、さらに双子1組を含む5頭の子パンダが生まれたのだそうです。
いや〜、フワフワ赤ちゃんパンダは愛くるしくて可愛いですね。
結局、東京地検が何を発見したかは、分かりませんでした。
今から改めて新聞に目を通そうと思います。
(以上全て、妻談)

Home > アーカイブ > 2006-10

feeds

Return to page top