Home > アーカイブ > 2006-08

2006-08

早々に秋を食す

サンマ・茄子・豚汁・芋焼酎

・サンマの塩焼き
・焼き茄子
・熱々の豚汁
・芋焼酎の炭酸割
それぞれが、それぞれを引き立てる美味しさ。
まずは「味覚の秋」を先取りです。

頭をたれる

刈り取り間近になりました。

新しい味の発見

今日は、夏休みをとって足摺岬方面に避暑(?)に向かいました。
途中の昼食を、四万十川下流域にある「アカメ館」というところで頂きました。
メニューには、天然ウナギの定食とか、川エビがどうしたとか、いろいろありましたが、
一番興味をそそられた、「ゴリ丼」なるものをオーダーです。
このオーダーはこの夏一番の「スゴイボウケン」でした。

全文を読む

親父の言葉と戦闘機

愛媛新聞 H18.8.13朝刊のスキャン画像

「紫電改」という、旧日本海軍の戦闘機について少しお付き合い下さい。
平成18年8月13日の愛媛新聞、朝刊に掲載された、

「もの言わぬ語り部-県内戦後61年(5)」

の記事を引用いたします。

全文を読む

お盆

流石に、車が多いですね。
ひとやすみのお供に買った「なっちゃん トロピカル・レインボー」。
結構いけてます。

Verdicchio

正直言って、今まで白ワインの味は、よくわかりませんでした。
先日、某所でイタリアンを頂いた際、初めて美味しいと感じました。
“Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico”
(ヴェルディッキオ デイ カステッリ ディ イエージ クラッシコ)
という長い名前のワインで、ヴィンテージは2003年のものでした。


グラスを近づけた時の、溢れる香りの高さと、陽気で爽やかな切れ味は、初めての体験でした。
決して、高価なものでは無いのですが、やはり値段ではないのですね。
そのお店のオーナーが白に凝っているというだけあって、料理とも非常にマッチしてました。
たいへん、美味しゅうございました。
ボルドーの「赤」に続いてアドリア海の「白」。
この道はさらに広がり、遠くまで・・・(笑)

立秋近し

もう稲穂がはっきり見えてきました

盛夏

しまなみ、多々羅大橋。
真夏のいい天気です。

Home > アーカイブ > 2006-08

feeds

Return to page top