Home > ほんとだすらい > すごいカード

すごいカード



僕が使っているノートパソコンのUSBポートは1.1という古い規格のものが二つあります。
最近というか、世の中の主流はUSB2.0で、1.1との転送速度には数十倍の違います。
妻が使ってるデルのデスクトップPCは当然のように2.0規格のポートが沢山あって、
D50(一眼デジカメ)で撮影した500MB程度の画像データの転送は数十秒で完了します。
ところが僕のノートPCの1.1規格では10分くらいかかってしまうのです。
暇なので時間がかかるのは別にかまわないのですが、できるなら早いほうがいいに決まってます。
っで、パソコン屋さんの商品を眺めてたら、おもしろいPCカードを見つけてしまいました。
その名も「SUGOI CARD X2UL」という製品です。
100BASE-TXのLANポートとUSB2.0ポートを二つ兼ね備えたCardBus規格の逸品です。
数年前に申し込んだ、FTTHの開通工事の日程が目前に控えており、
Network Interface Card(NIC)の強化にもつながると考えて、つい購入してしまいました。
話がそれますが、我が家にもいよいよ光回線がやってくるのです。
いままで、ISDNの64KBでしたので、100MBの超高速回線が楽しみでなりません。
ところが、件のPCカードをインストールして愕然とした事実が・・・。
僕のノートPCに内蔵してあるNICのチップと「SUGOI CARD X2UL」のそれが、全く同一のものでした。
つまり、僕のノートPCにはすでに100BASE-TX対応のNICが内蔵されていたというオチです。
ちなみにチップは、Realtek社のRTL8139シリーズでした。
まあ、USBポートは2.0規格になりましたので、D50から出力されるしょうもない写真を
さっさとハードディスクに転送するには十分になりました。
この際、今使ってる無線LANのカードが古い.11b規格なので、
.11g規格のUSBスティックの導入でも検討しようかなぁ・・・。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > ほんとだすらい > すごいカード

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top