Home > アーカイブ > 2005-08

2005-08

子孫繁栄?

先ほど、イソスジエビの交尾を見た。
メスが脱皮した直後、3〜4尾のオスが順番に交尾してた。
なんだか、メスをもて遊んでいるみたいで、複雑な心境やった。
磯から採取してきたばかりなのに、すぐに交尾するとは、何という生命力だろう。
彼らが水槽に入ってくると、それまでテリトリーが確立していた、ケラマハナダイもアカオビシラヒゲエビもなんだか落ち着かない様子になっている。
たかが数尾のエビであるが、水槽に与える影響力は計り知れないみたいや。


本日もイソスジエビちゃん達を連れて帰ります。
イトヨリダイ科のサカナがいましたが、すばしこくて無理でした。

3回目のハッチ

イソスジエビちゃん、3回目のハッチアウト。
今夜も沢山の子エビ達が一生懸命泳いでる。
ケヤリも、オオバナサンゴも、クモヒトデも大喜びみたい・・・。

夏休み最終日


高知旅行から、帰ってきました。
2日目の宿は、エーゲ海のサントリーニ島を意識して建造され、今年の8月1日にオープンしたばかりの「Villa Santorini」というホテルでした。
真っ白の壁に鮮やかなスカイブルーのドームが眩しく、まるでギリシア旅行をしているかのような錯覚です。
14:00にチェックインして、プールサイドでビールを飲みながら、終わりゆく夏を満喫しました。
夜は併設のレストランでフランス料理のコースを頂きました。
海の幸が豊富で、パンもとても美味しかった。
この時頂いたボルドーの赤も素晴らしかったです。
これが、国民宿舎というのですから更にビックリでした。

全文を読む

桂浜


本日の昼食は桂浜らしく、「竜馬ラーメン」
カツオのタタキが入ってるんやけど、これが絶品。

高知 酔鯨亭


遅い夏休み
鰹、鯨、手長エビ
美味しい〜

点滴セット

本日も、天然海水を海まで採取しに行って、23リットル換水。
換水すると、サカナ達、コーラル達共に元気になってくれて、見てて嬉しい。
明日から2泊3日の旅行にでることに。
飼育水の蒸発は、2リットルのペットボトルを改造して妻が作製した点滴セットにて1日500ccの水を滴下することで解決。
餌は、3日程度なので、無給餌にて問題ないと思う。
後は、照明と対温度上昇対策が残っているが、未だ解決策が見あたらない・・・。

いたずらカニ

妻が水槽内で、悪さを繰り返すカニを捕獲してくれた。
通販で沖縄からライブロックと一緒に我が野生水槽にやってきた1cm位の個体や。
ケヤリのフサフサを刈り取ったり、ライブロックの石灰藻を削ったりと、悪戯を繰り返してた困った君やった。
今は、ペットボトルに穴をあけて水槽内に隔離中である。
近所の海に帰すのもなんなので、ひと思いに包丁で二つにして、イソスジエビちゃん達の栄養源になって貰おうと、妻に提案したが、とりつく島もなく却下。
近所の海に行って貰おうか検討中であるが、生態系の破壊に繋がらないか心配である。
しかし、分からないのは女心。
北海道から来たタラバガニは、まだ動いてるにもかかわらず躊躇無く包丁を入れられるのに、沖縄から来たカニは可哀想なのだそうな・・・。
(あっ、タラバガニは、カニじゃないけど)

キリン樽生


キリンの樽生サーバーなるものを購入。
妻と夕食で一番搾り<生>を飲んでみる。
泡がクリーミーはうたい文句の通り、すばらしい。
一週間鮮度をキープは、夕食一回で飲み干したので検証不可。
あとは、専用の缶が普通の缶ビール並みに安くなることと、チョロチョロしか出ない注ぎ口がもう3倍ほど勢いがあれば最高の一品やと思う。

真夏の換水

本日も天然海水で換水。
ついでに、濾材も洗浄ー。
先日購入した、新兵器のパワーヘッドを使用。
カミハタのRio1400で、楽々の換水でした。
オーバースペックかと思ったけど、そんなことなくて、
ぴったりやった。
何かと使い勝手が良さそうで、すごくイイ買い物やったな。
それから、ソフトコーラル達が元気いっぱいで、
この様子を見るだけでも、換水してよかったと思う。
「真夏の天然海水は危ない」とか書いてる記事があるけど、
うちの場合は、全く問題なし。
っていうか、問題になりそうなサンゴも、生体もいないけどね〜。

2回目のハッチ

先ほど、イソスジエビがハッチアウト。
この夏2回目です。
今回は、真夜中であったため、サカナ達に食べられずに
泳ぎ回っている。
完全なプランクトンやね。
ケヤリや、オオバナサンゴは大喜びやろな〜・・・。

濾材交換

上部濾過層の濾材を交換。
ショップお勧めのタイプ。
因みに、酸化物除去ろ過材と、アンモニア・亜硝酸除去材の二種類だそうな。
一気に飼育水が白濁したけど、大丈夫かいな・・・?

LRのオマケ

水槽内に新キャラ発見!!
たぶん、ククマリア・ミニアタと呼ばれるナマコの仲間やと思う。
白地にモスグリーン、2cm位のが2個体。
はっきり言ってしまうと気持ち悪いかな。
でも、大切なタンクメイト。
これ以上大きくならないように、元気でいて欲しい。

ライブロック入荷


昨日、発注していたライブロックが入荷。
早速、第2回目の投入となりました。
これで、我が家の野生水槽も一般的な海水魚水槽の様になってきました。
正直、予想以上のLRばかりで、レイアウトが理想以上によくできたんやないかと、ほくそ笑んでます。
お世話になったのは、
ジェイズ アクアリュウムさんです
発注から納品まで、綿密なメールのやり取りをして下さって、
素晴らしく信頼のおけるお店でした。
それから、オマケのLRも送って下さったりして嬉しい限りです。
肝心のLRは、生物層豊富な理想的なものばかりでした。
付着生物としてのオマケも素晴らしく、オオバナサンゴ、スターポリプ、ウミウシなど、
どれも小さいものばかりですが見ていて末頼もしいものばかりです。
それから、お約束のエビ、カニも居たり、ゴカイも沢山で底砂が更に充実しそう・・・。

ハッチアウト

1週間ほど前、卵を抱卵したイソスジエビを採取した。
心配してたけど、昨夜、無事にハッチアウト。
5cm程ホバリングしてるので、「おやっ」て見てたら、
お腹から沢山の小エビ達がワサワサ〜って泳いで出てきた。
ポンプに吸い込まれたら大変。
ポンプを止めて様子を見てたら、ケラマハナダイちゃん達が、
ほぼ全員を食べちゃった。
我が家の野生水槽は、自然を忠実に再現しているみたい?

Home > アーカイブ > 2005-08

feeds

Return to page top