Home > 海水魚水槽 > クモヒトデとアサリ

クモヒトデとアサリ

水質については、昨日と変わらず。
しばらくこのままの状態が続くんやろなぁ~
水温が、上昇したまま降下しなくなってしもうた。
夏になるとどこまで上昇するんやろ?

ライブロックの中に潜むクモヒトデが
沢山の手(?)をのばしています。
放っておくのもなんか、可哀想なので、試しにアサリの身をあげてみました。
回収しやすいようにテグスで結んで彼らの付近に置いてみます。
クモヒトデや、ゴカイみたいな生物が、
更に更に手(?)をアサリに向けてのばしています。
食べてくれるのでしょうか?
まだ魚はいませんが、海水魚水槽のはずが
クモヒトデ水槽になりつつあるのが怖い・・・。


なぜだか、ガラス面を登るクモヒトデ。
この後、落下し無事砂の中に潜っていった。
普段なら、こんな不気味な生き物は、
「勘弁してほしい」って思うんやけど、
水槽に入った初めての生き物なんで、
なんか愛着を感じてしまうのが不思議・・・。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > 海水魚水槽 > クモヒトデとアサリ

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top