Home > Ultrablue >


February 27 ’04
山里に咲く初春の菜の花達
忘れてしまいたいことや
どうしようもない寂しさに
包まれたときに男は
酒を飲むのでしょう
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう
忘れてしまいたいことや
どうしようもない悲しさに
包まれたときに女は
泪みせるのでしょう
泣いて泣いて ひとり泣いて
泣いて泣きつかれて 眠るまで泣いて
やがて女は静かに 眠るのでしょう
またひとつ女の方が 偉く思えてきた
またひとつ男のずるさが 見えてきた
俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ
今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ
俺は男 泪はみせられないもの
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう
酒と泪と男と女 (1976)  作詞、作曲/河島英五
———————————————

平成16年7月6日 彼は遠いところにいきました

———————————————
蝉声 竹田

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > Ultrablue >

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top