Home > Ultrablue > 悲 劇

悲 劇


September 21 ’02 Ushiro-hama
後浜に係留された、2杯のフリッパーズ号
この日はゲストが一杯でしたので、お店から陸撮です
仕事を終えて、帰路の途中、
路側帯に車を止めて自販機の缶コーヒーを買った時のことです。
ダイドーの販売機の前でしばし考え、デミタスコーヒーに決めました。
財布の中の硬貨は百円と十円玉1個ずつしかなかったので、千円札を投入しました。
でっ、お目当てのボタンを押し、当然のごとくに残額表示が880円となりました。
ただ、おつりの返却レバーを下げてからが変でした。
830、780、730・・・
と50円ずつ硬貨が戻ってきます。
(ん・・・?)
それから、530円までは五十円玉でに戻ってきてるようでした。
悲劇は、ここからはじまりました・・・
520、510、500、490、480・・・
(え゛~・・・?)
と、残り全てが十円玉で戻ってきてるのです。
おつりの返却口から、ガッチャン、ガッチャンと派手な音が永遠と続きました。
僕はただ立ちつくすのみで、その光景を見守ってました。
(もしラスベガスのスロットマシンで大当たりしたら
きっとこんな感じなんだろうなぁ・・・)
そんな、あり得ないことを考えながら、おつりが全て戻ってくるのを待ってました。
ようやくガッチャン音も静まり、辺りは国道を走る車の音が聞こえるのみです。
僕は返却口に指を近づけて、愕然となりました。
アクリルの蓋は、約60枚の硬貨がいっぱいで開きません。
(うそっ!)
少しの隙間から何とか一枚の十円玉を取り出しました。
また時間をかけて一枚、また一枚。
悪戦苦闘の末、何とかおつりは全て回収しましたが、自販機の釣り銭泥棒を
してるようで何とも嫌な気分になりました。
よく見ると、そのダイドーの自販機には「釣り銭なし100円」の表示が煌々と輝いてました。
おかげて僕の懐は、丸々と大きく、目方もずいぶん重くなりました。
陽春 竹田

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > Ultrablue > 悲 劇

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top