Home > navigate > 「クルマエビ科の一種」

「クルマエビ科の一種」

September/8/’01 竜の浜にて(night)

通算226回目のダイビングは、2度目のナイトダイビングでした。
最初はアドバンスの講習の時に、 今はマリンドリームのオーナーで懇切丁寧なガイドの福留氏 と二人だけで潜りました。
その際、漆黒の闇の中にエントリーしていく瞬間は、緊張しまくっていました。
でも、ナイト特有の、夜の生き物の繊細な表情は素晴らしく、ハチの「ウイッ、ウイッ」っていう鳴き声(?)は今だにインパクトのある思い出として残っています。
さて今回はというと、別のサービスのダイバーと同時刻に、エントリーとなったために、30~40名のダイバーが各々ライトを持ってそこら中をうろうろしており、初めて潜った時のような夜の海の神秘性はあまり感じられませんでした。
しかし、やはり夜の海は素晴らしかったです。
昼間は見ることのない生き物たちの生き生きとした表情が、あの広大な砂地の各所で見られます。
・漫画のように、頭を持ち上げて、足を丸めているタコ
・寝ながら泳いでるアオヤガラ
・流されないように、珊瑚に噛みついてねてるカワハギ
・フリソデエビの餌にしたら1年分になる超巨大なヒトデ(70cm)
・写真のちっちゃなクルマエビ科の一種
砂粒と比較すれば、その大きさが想像していただけると思います。
このエビは、すぐに砂に潜ります。
いけないこととは思いつつも、指示棒で、堀り出して撮影してしまいました。ごめんなさい。

それから、大きなカイメンを背負ったオオカイカムリ

No.226_02 September 8 2001
Ryuh no hama

背景の濃紫が、カイメンです。体の3倍はありました。
最初は、カイメンに足が生えて移動してると思いました。
そのコミカルな動きとは裏腹に、オオカイカムリの正面顔は、
映画「プレデター」です。
でもゴロタに帰っていく後ろ姿はサラリーマンのそれのような、寂しさがありました。
ナイトダイビングでの写真は、日中の写真とどう違うのか、少し期待していましたが、
ストロボを使って撮影する以上、その出来上がりは、昼も夜も変わらないんですね。
相変わらずです、トホホ・・・。
また一つ勉強になりました(笑)。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

*

Home > navigate > 「クルマエビ科の一種」

楽天 トラベル
Recent Entry
Comments
feeds

Return to page top